専任の不動産コンサルティングマスターによるプロの知恵と知識を相続に

難しいと言われる相続、だからこそ専門の知恵と知識が大切です。平成27年1月1日より相続または遺贈により取得する財産についての相続税が改正され、政調調査会で示された資料によると、改正前における被相続人100人に対する課税対象社は4人程度ですが、この改正により、6人程度に上昇する見込みと言われています。一説によると相続税を収める人が2倍に増えるとも。

大成住宅では専任の不動産コンサルティングマスターが「不動産相続に関する診断書」を作成し、無料の相続税対策サービスを提供しております。万一に備えた事前の対策をよりわかりやすく、より有利にお客様をサポートいたします。

本サービスの特徴 ~万一に備えた事前の対策を~

サービスの流れ ~相続前の対策から、相続まで丁寧にサポートいたします~

相続対策の3つのポイント

相続対策のステップ

現状を確認し課税の有無や課税額の目安について知っておくことが重要です。

お問い合わせ

本サービスについてはお問合せ専用フォーム、またはお電話にてお問合せください。

※相続税は財産に対して課税されます。不動産だけではなく、財産全般(土地・建物+預貯金+家の中の物全部。家具・家電・電話の加入権・車・ペットも含まれます)、また、相続される人数や事情によって大きく異なってきます。まずは現状について確認するとともに、課税の有無や課税額の目安について知っておくことが大切です。例えばマイホームや退職金だけでも相続税を収める可能性もあり、これまでは0円だったケースも100万円単位の相続税を収めなければならないケースも増えてきます。

■相続税の基礎控除

5000万円 + 1000万円 × 法定相続人の数
3000万円 + 600万円 × 法定相続人の数

■相続税の税率構造

課税価格 税率  
1000万円以下 10% 現行と同じ
1000万円超3000万円以下 15%
3000万円超5000万円以下 20%
5000万円超1億円以下 30%
1億円超2億円以下 40%
2億円超3億円以下 45% 増税
3億円超6億円以下 50%
6億円超 55%

※国税庁ホームページ参照