ごあいさつ

「思いのままを、カタチに」 それが大成住宅の理念です。

昭和55年の創業以来、私たちはこの言葉を胸に刻みつつ企業としての歩みを重ねて参りました。しかしそれは、私たちがいつも頑なであることを意味するものではありません。 「思い」には定まった形がありません。 夢、理想、憧憬、個性、趣味、多様化するライフスタイル。 総合不動産業・建築業とは、お客様の様々な「思い」の広がりを、土地・建物という形あるものに結ぶ仕事だと考えます。 皆様のおかげで幸いにも弊社は、順調な経営状態を維持させていただいております。 そして、不動産業界全体としては長かった不況のトンネルが終端に近づき、市場回復への期待がようやく膨らみつつある、といった段階であると思われます。 このような社会情勢のもとでは、「良かった時代に帰りたい」「失われた流れを取り戻したい」という、あまり発展的でない方向に意識が偏りがちです。 しかしながら、時代とともに人の暮らしは変わります。素材、技術、流行、法制度といった私たちの業界に直接影響を与える諸要素も、近年めまぐるしく変化し、また進化し続けます。ただ過去にこだわり、業界の成熟性のみに依拠するのでは、お客様の「思い」にかなう、そして時代の要求にかなう商品を社会に提案し続けることはできないのです。 新たな住文化の方向性を自ら模索し、良き伝統を守りつつも乗り越えることも恐れず、それによってお客様お一人お一人の心に寄り添う。 これまでも、そしてこれからも、私たちは創業以来の理念を大切にしたいと考えます。 お客様の「思い」と私たちの技術と知識が、これからの次の「カタチ」を創ります。

代表取締役 鬼塚貴臣