1. 宮崎不動産 大成住宅−TOP
  2. >
  3. 会社概要
  4. >
  5. 不動産相続

不動産相続

専任の不動産コンサルティングマスターによる
プロの知恵と知識を相続に

難しいと言われる相続、だからこそ専門の知恵と知識が大切です。
平成27年1月1日より相続または遺贈により取得する財産についての相続税が改正され、政調調査会で示された資料によると、改正前における被相続人100人に対する課税対象社は4人程度ですが、
この改正により、6人程度に上昇する見込みと言われています。
一説によると相続税を収める人が2倍に増えるとも。

大成住宅では専任の不動産コンサルティングマスターが「不動産相続に関する診断書」を作成し、無料の相続税対策サービスを提供しております。
万一に備えた事前の対策をよりわかりやすく、より有利にお客様をサポートいたします。

本サービスの特徴

~万一に備えた事前の対策を~

本サービスの特徴説明

サービスの流れ

~相続前の対策から、相続まで丁寧にサポートいたします~

相続に関するご相談

不動産コンサルティングマスターによる「相続・不動産」診断のお申し込み

「相続・不動産」診断のご報告(相続簡易相談・不動産簡易査定)

  • ●相続税に関する個別相談・アドバイス
  • ●不動産に関する詳細査定
  • ●土地に対する簡易仮測量実施
  • ●「空き家」対策・診断

相続対策の3つのポイント

分割対策

相続人同士がもめないためには財産をどのように分けるか(争族対策)

納税対策 相続税をどのように納めるか

相続税は現金払い、亡くなってから10ヶ月以内に納めなければなりません。

節税対策

財産評価の圧縮 課税額をどのように抑えるか

相続対策のステップ

現状を確認し課税の有無や課税額の目安について知っておくことが重要です。

現状把握

課題抽出

対策検討

対策実施

相続税について

※相続税は財産に対して課税されます。不動産だけではなく、財産全般(土地・建物+預貯金+家の中の物全部。家具・家電・電話の加入権・車・ペットも含まれます)、また、相続される人数や事情によって大きく異なってきます。まずは現状について確認するとともに、課税の有無や課税額の目安について知っておくことが大切です。例えばマイホームや退職金だけでも相続税を収める可能性もあり、これまでは0円だったケースも100万円単位の相続税を収めなければならないケースも増えてきます。

相続税の基礎控除

現行 5000万円 + 1000万円 × 法定相続人の数

改定後 3000万円 + 600万円 × 法定相続人の数

相続税の税率構造

課税価格 税率  
1000万円以下 10% 現行と同じ
1000万円超3000万円以下 15%
3000万円超5000万円以下 20%
5000万円超1億円以下 30%
1億円超2億円以下 40%
2億円超3億円以下 45% 増税
3億円超6億円以下 50%
6億円超 55%

売買,建築施工,採用などのお問い合わせ

0985-29-2500(本店)

賃貸に関するお問い合わせ

【宮崎市北部他】

0985-22-2200(中央支店)

【宮崎市南西部他】

0985-55-1700(南支店)

メールフォーム

下記からお選びください。

下記からお選びください。

下記からお選びください。